オナニー鑑賞させてくれる男性とカカオトークを交換する

 テレセの相手なのですが、募集をしたところ、早めにメールを受け取れました。
ツイッターで失敗をしているため、恐るおそるメールを開封。
でも、前回のような冷やかしの内容のメールは、ひとつもありませんでした。
明奈の話していた通り、料金が必要だからか、真面目な人が多いのでしょう。
安心してメールを読んでいきました。
数人の方からの連絡のうち、1人に返事をしました。
PCMAXでメールをくれた、32歳のYさんです。
落ち着きのある年齢の人の方が、通話も関心ができると思ったからです。
「カカオトーク交換大丈夫?」
「はい、カカオで大丈夫です」
此処からチャットで、お話をしていただくことになりました。

 

 顔が見えないし、文字だけだから知らない人とのアダルトな会話も、あまり抵抗感なくできました。
多分心の中で、かなり不満が募っていたせいもあるのでしょう。
「前彼に、センズリ鑑賞させられて、それが忘れられなくて…」
「それ以来、やってないの?」
「はい、他の男の人たちとの関係は、普通のエッチだけでした」
「それじゃ、ムラムラしちゃってるね」
「かも…」
順調な流れでした。
「ちょっと、通話でもしてみようか」
私も気分が乗っていたため、直接声を聞いてみることに。
男の人の低音ボイスに、何とも言えないドキドキ感を覚えてしまった私でした。

 

 強引にエッチの会話をしてくるタイプではありません。
とても自然な形で、流れを作ってくれたためか、直接通話でもアダルトな会話ができました。
もちろんムラムラしました。
「ちょっと、触ってみない?一緒に」
「は、はい…あの…オナ指示、だして、くれますか…」
「ほら、美瑠の不満なクリを刺激して」
「は、はい…」
不満な気持ちがあったから、とても自然に相手の方の言うことを聞きます。
Yさんの低音ボイスで、エッチなことを言われ、それに従いオナニーをしてしまいました。
私がたっぷりと感じてしまった後でした。
「オナニー鑑賞させてあげるね」と、カメラを起動してくれたのです。
そこには逞しい男の人自身が、仁王立ちになっていました。

定番サイト登録無料

オナ電する相手を安全に探すならココ!

page top